CONCEPT

還暦をとっくに過ぎてもオーナーシェフとして店を営むパティシエ・ミホシ。彼は飴細工のコンテストで多くの賞を総なめにしてきた天才だが、これまでその技術を継承できる弟子と出会えずにいた。
高齢になり、引退の近付く彼の店に、ついに期待の新人・ヒカルがやって来た。彼は通常より温度の高い状態で飴を操る、かつてのミホシを思わせる技術を持っていた。
ただ、ヒカルは何もかも無色透明にする癖があるため、社会人として初めてのコンテストでは、周囲の期待に応えるため、ミホシがデザインを作ることになった。透明でない飴を作ることになったヒカルだったが、どうも納得できない様子だった。ミホシとヒカルの、飴細工を通した信頼と葛藤の物語。(全8話)

CHARACTER

ヒカル

トロアールの新人。飴細工が得意。マイペースで器用。同期の3人が鈍臭いので時折彼らのミスにより濡れ衣を着せられることがある。色彩センスがイマイチで、無色透明な飴ばかり作るのでミホシに怒られる。性格は見た目ほどキツくない。多分、AB型。多分、山形県出身。

ミホシ(シェフ)

トロアールオーナー。若い頃は飴細工コンテストで賞を総なめにした天才パティシエ。家庭を顧みることなく還暦過ぎても頑張るが、これまで後継者と言うに相応しい技術を持った弟子に出会えなかったことが生涯の悩み。漫画(未発表)では著作権を気にする。

カオル

ヒカルが通った専門学校の1年後輩。中学の頃から菓子作りを学んでいたが、専門時代にヒカルの作品を見て衝撃を受け、彼を追いかけてトロアールへ入社。しかし本店ではなく、村の弱小店舗に配属となる。ベリーショートの小猿によく似た男勝りの子。家は金持ち。

ソータ

ヒカルの同期、やや親友。ひょうきんだが負けず嫌い。不器用でヒカルの陰に隠れがちだが、根気強く、頑張り屋。絵が下手。飴のデザインではパーツが宙に浮いていることが多い。路上でヒカルに背負い投げをされたことがある。

ハム子

ヒカルの同期。ハムスターのようにチョロチョロしている女子。不器用でどんくさく、一生懸命さが裏目に出てしまう。しかしここぞという時には気の利く一面を見せ、メンズの至らぬ点を補うというナイスバランスを保っている。

タカーキ

ヒカルの同期。ほとんど表情を変えないマイペースで穏やかな性格。彼もまた不器用であるがその自覚を持っておらず、どこか憎めないところもあり、指導面で先輩たちを悩ませる。同期の中で一番の力持ち。たらこくちびる。

ユシ

ヒカルを冷やかしに来るタチの悪い客。かつては自信もトロアールで働いており、ミホシが最も期待していたパティシエでもあった。どこかで歯車が狂い、突然店を辞めて以来、トロアールの新人に不穏なことを吹き込み、辞めさせる。

STORY

第1話 期待の新人

第2話 色のない鳥

第3話 再び見る夢

第4話 憧れのひと

第5話 過去の面影

第6話 見えない傷

第7話 ナンセンス

第8話 美しい天使


GALLERY